様々な医療技術

病気により、医療技術を必要とする他に、病気でなくても現在以上のより快適な生活を望もうと、医療技術に頼る方は大勢います。
例えば、視力回復をはかるレーシック、ニキビ治療やインプラント等など、「医療」と一言でいっても対応できる分野は、膨大で多種多様です。

このような病気に付随しない医療施術には、「定価」といものが、定まっておらず、クリニックが価格を設定することが出来るので、料金はピンからキリまでです。
健康保険の範囲は適応外ではありますが、最近では生命保険のプランに加味されている商品もあります。
また、以前に比べて施術の技術も高まり、施術を受ける方も増加したことなどから、全体的の料金が下がってもきています。

このような医療の代表的な例として「レーシック」手術があげられます。
レーシックとは角膜の形状を変えることで、その屈折率を調整し、視力矯正をはかる施術のことです。
角膜の表面をレーザー等で薄くスライスし、フラップと呼ばれる蓋状の形をつくります。
そして、表出した部分にレーザーを当て、その際に照射パターンを変えることによって、近視や遠視、乱視などを回復させるのです。
近年ではレーシックと一言でいっても、技術もかなり向上し、種類もたくさん増えました。
例えば、フラップと呼ばれる眼球の蓋を作る際にレーザーにて作成する「イントラレーシック」、このイントラレーシックよりもさらに薄いフラップを作る「エピレーシック」、角膜強度を保つことができる「ラセック」など様々な施術法があります。

どの施術法方が自分に一番ぴったりなのかは、きちんと病院選びを行った上で、担当医師と相談し決定すればよいでしょう。
ですので、レーシックを施術する上で一番重要な点は、病院選びといえるでしょう。
費用面、技術面、保証面などから人気のあるクリニックを紹介すると、「品川近視クリニック」「神奈川クリニック」「神戸クリニック」「SBC新宿近視クリニック」「近視眼科」などがあげられます。
これらの大手クリニックでは最新機器の導入、医師の経験、技術等は心配する必要はなく、比較の点は価格や保証面に絞られてくるでしょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014東洋の医療と西洋の医療!どっちが効くの?.All rights reserved.